HOME > 製品カテゴリ一覧 > 自律走行型サービスロボット「フレイト(Freight)」

自律走行型サービスロボット「フレイト(Freight)」

画像01
  • 画像01
  • 画像02
  • 画像03
  • 画像04
  • 画像05

自律走行型サービスロボット「フレイト(Freight)」についてお問合せ・商談はこちら

フォームからのお問合せ・商談する お電話でのお問合せ 受付時間9:00~18:00(平日)

フレイト (freight)

施設内をマッピングすることで倉庫内を自動移動させることができます!

自動化省人化ロボティクス

フレイト(freight)は最大100kgまでの荷物を積載できる自律走行型の物流支援ロボットです。

フレイト最大の特徴は、倉庫などの施設内をマッピングし、ボタンひとつの指示出しで荷物を運んでもらいたいところに自動で搬送させることや、RFIDとリーダー搭載カスタマイズし、真夜中に登録した移動ルートを自動で動き眠っている間に棚卸しを完了することなどが可能です。

用途はそれだけではなく、カスタマイズ性が高いため、アイデア一つでさまざまな使い方が可能になります。
物流倉庫などの施設内における荷物の積み下ろしポイントや充電ポイントなどの基本情報の記録はもちろん、エリアごとの優先移動ルートを記憶させることや、エリアごとの速度制限や、立ち入り禁止エリアなどの倉庫内ルールも記憶させることができます。

導入させるために通路の確保やロケーションを変更をする必要はありません。また、急なレイアウトの変更があった場合でも柔軟に対応することが可能です。

   

フレイト(freight) デモ動画

 

A地点からB地点でへの自動搬送指示

倉庫内をマッピングすることにより、フレイトを倉庫内で自動的に移動させることができます。レールのない倉庫内を支持された位置まで自動で運びます。
フレイトは作成したワークフローに従い、移動時間や各ロボットの搬送ルートを最適化しながら、施設全体にわたってロボットを配置するように段取りして指示を出すことができます。

     

ロボットを管理するフレイト専用ソフトウェア「フェッチコア」

ロボットを管理・制御・最適化する

フレイトにはロボットを管理・制御するための専用ソフトウェアがあります。
倉庫など施設管理者はそのソフトウェアを使用し、荷下ろしポイント、優先ルート、速度マップ、および立ち入り禁止ゾーンを記憶させることで、倉庫の環境やレイアウトに合わせた最適なカスタマイズができます。WMS(在庫管理システム)と統合することも可能です。専用ソフトウェア「フェッチコア」は操作性も良くカスタマイズへの対応力が高いため、既存のワークフロー構成を簡単に変更、プロセスの最適化も容易です。

   

フレイト(freight)のカスタマイズ

ハードウェアのカスタマイズによりできること

フェッチロボティクス自律走行ロボット

利用者のニーズに合わせ、フレイトをカスタマイズすることができ、様々な用途にロボットを活用することができます。

タッチスクリーンと棚をき組み合わせ、取り付けることで荷物を荷積みポイントから荷下ろしポイントまでワンタッチで自動搬送させることができます。
また、カートを取り付けることで、大型の部材を移動させることもできます。
RFIDリーダーとフレイトを組み合わせれば、自動での棚卸しも可能になります。
利用目的により、ハードウェアのカスタマイズも自由にできるのがフレイトの大きな特徴のひとつです。

   

フレイトのカスタマイズ例・活用例

RFID活用での自動棚卸しロボットに

RFID自動棚卸しロボット

リアルタイムのデータ調査機能として、RFIDリーダーを搭載カスタマイズをすれば人的リソースを割くことなく自動で在庫データ収集ができます。 例えば、RFIDを用いた在庫管理で、アパレルショップやバックヤードの自動棚卸しをフレイトを使用して行うことにより、正確な在庫管理業務・棚卸しを行うことができます。
また、スタッフが寝ている深夜の時間帯に自動的に棚卸しすれば、棚卸し作業で出荷を止めることや制限する必要がなくなります。

 

レールなくA地点からB地点まで移動します

物流自動化レールレス搬送ロボット

フレイトはレールのない倉庫内を物品をA地点からB地点まで運びます。倉庫内をマッピングし、倉庫内の環境や状況に従って移動時間や各ロボットの搬送ルートを最適化。施設全体にわたってロボットを配置するように指示を出すこともできます。 また専用棚とタッチパネルなどの各種のハードウェアと組み合わせることにより、作業効率化、生産性を大幅に上げることができます。

 

棚をフレイトに取り付ければ運搬量を増やすことができます

物流倉庫自動搬送棚ロボット

フレイトに専用の棚を組み合わせることで、より多くのアイテムを運ぶことができます。
一般的な手押しの台車などでのピッキング作業から、フレイトに切り替えることでピッキングと搬送効率を上げることが可能になります。
また、作業者が台車を押して移動するという作業がなくなりますので、作業負担も軽減されます。

 

タッチパネルを取り付け、指示出しもワンタッチに

物流倉庫搬送自動化ロボット

専用棚とタッチパネルを組み合わせたカスタマイズが可能です。フェッチコア(専用ソフトウェア)を使用し、タッチスクリーン構成を設定することによって、施設全体に渡り、さまざまな場所でピッキング作業や、荷下ろし作業が可能になります。
タッチスクリーンは手袋をしたまま操作が可能。作業員が安全のために手袋をする環境でもタッチパネルカスタマイズを導入することができます。

   

フレイト(freight)の主な仕様

重量

68Kg

高さ

359mm

基本寸法

幅508㎜、直径559mm

積載量

100Kg

最大速度

2.0m/秒(時速4.4マイル)

回転半径

Turn in place

公称連続稼働時間

9時間

充電時間

3時間で90%

2Dレーザーセンサー

SICK、25m、220度

3D深度センサー

PMD Pico Flex

プロセッサ

Intel i3、Haswell

RAM

8GB

ハードドライブ

120GB SSD

無線

802.11abgn and 802.15.1 搭載

周辺装置

HDビデオ、USBx2、Ethernetポートx1

音声

ステレオスピーカー

充電

自動ドッキング

環境

屋内、ADA対応

横断可能な敷居

8mm 段差

横断可能なギャップ

25mm

   

自律走行型サービスロボット「フレイト(Freight)」について
お問合せ・商談はこちら

0120-004-844


フォームからお問合わせ・相談する

必須項目を入力のうえ、確認ボタンをクリックしてください。


お問い合わせステップ

お手数をおかけいたしますが、下記のフォームより必須事項をご入力ください。
確認でき次第、ご対応させていただきます。


任意製品名 物流自動化ロボット
必須お問い合わせ種別
必須会社名

※個人のお客様は「個人」と入力してください。

必須お名前 姓: 名:
任意郵便番号 ※郵便番号で住所を自動入力します
必須都道府県
任意市区町村番地
必須電話番号 ※半角数字
必須メールアドレス
任意内容

ご入力いただいた情報の管理について
詳細


製品を探す

キーワードから探す


種類から探す 一覧


課題から探す

他の課題を見る


新着ブログ記事 一覧


人気記事


ブログ記事キーワード検索




トップに戻る