HOME > ブログ > フォークリフトって運転免許いるの?免許のいらないフォークは?

フォークリフトって運転免許いるの?免許のいらないフォークは?

フォークリフトって運転免許いるの?免許のいらないフォークは?

フォークリフトとは?

フォークリフトとは、車体の前部に油圧で動くフォーク状のアーム2本を取り付けた荷役重機のことです。
荷物を乗せたパレットや、コンテナなどの下部にあるスペースにフォークを潜り込ませて、持ち上げて運搬します。
人手の数十倍必要な重い荷物の上げ下ろしも簡単ですので倉庫に荷物を運び入れる時や倉庫の中で荷物を整理する際に多く使用されます。 また、用途によってアタッチメントをつけることで、作業効率がアップします。

 

どのようなフォークリフトの種類があるの?

フォークリフトには下記のような種類があります。

 

カウンターバランスフォークリフト

最も一般的なフォークリフトです。 座席に座ってハンドルを動かすことで操作を行います。 運転操作が車とほとんど同じですが、ハンドルをきると後ろのタイヤがきれます。 車体の後ろにカウンタ(おもり)がついている為、カウンター式は転倒安定性に優れています。 フォークから前後左右にはみ出るような大きな荷物を運ぶときも、かんたんに転ぶことはありません。

 

リーチフォークリフト

カウンターバランスフォークリフトに比べて背が高く、車体が停止したままでもツメが前後に移動できます。基本的に立ったまま操作を行います。 カウンター式のタイヤが70度程回転するのに対してリーチ式はタイヤが90度近く回る為、小回りが利きます。倉庫内の狭い通路でも問題なく作業が可能な為、屋外より屋内で使用される事が多いフォークリフトです。 しかし、背が高い分バランスがとりにくく、転倒事故も起こりやすいので、使用する際は十分に注意が必要です。

 

サイドフォークリフト

車体の真横にフォークがついたタイプです。長尺物である木材やパイプなどを運ぶ際に使用されます。 比較的車格が大きく運転席も高いため、フォークの位置が前述した2つのフォークリフトに比べて分かりにくいです。

 

ウォーキーフォークリフト

手動式のフォークリフトです。運転者は歩いて操縦する為、長距離を移動する事は出来ません。狭い場所で荷物を移動させるのに適しています。 フォークリフトは人の力では持ち上げることのできない荷物でも、簡単に持ち上げたり運んだりすることの出来るとても便利なものですが、使い方を間違えると大きな事故に繋がってしまいます。安全にフォークリフトを使用する為にも講習を受ける事が義務付けられています。

   

フォークリフトって、運転免許はいるの?

フォークリフトを運転する為には講習を受講する必要があります。自動車を運転するための免許とは異なり、資格になります。
フォークリフトの運転資格は、フォークリフトにより運搬できる荷物の重さ(最大積載荷重)によって分かれています。
最大積載荷重が1t以上のフォークリフトは「フォークリフト運転技能講習」の受講が必要となります。
各都道府県の労働基準局長指定による教習機関で行われ、その後、技能講習終了証が交付されます。技能講習の内容は学科、実技、終了試験となっています。
また、最大積載荷重が1t未満の小型のフォークリフトは「特別教育」の受講が必要です。
学科と実技があり、内容はフォークリフト運転技能講習と同様です。 運転技能講習及び特別教育は18歳より受講できます。

 

但し、資格の有無に関わらず公道で走行する場合には、走行するフォークリフトの大きさに応じて免許が必要になります。
また、公道では荷物を載せたり積んだりせず、走行する事だけが可能となっています。

   

総排気量1500cc以下の場合

大型特殊自動車免許、小型特殊自動車免許、大型自動車免許・普通自動車免許、二輪免許のいずれかを所有していれば公道走行が可能です。

 

総排気量1500cc以上の場合

大型特殊免許を所有していれば公道走行が可能です。

   

免許不要なフォークリフトの種類は?

ローリフトトラック

ローリフトで最大2000kgの荷物を簡単に楽に運搬する事が可能です。
講習や免許不要な為、パートや女性の方等誰でも使用する事が出来ます。オール電動式から半電動式(走行のみ電動式)があります。また、ローコストでパレットを運搬するにはハンドリフトが最適です。

   

ハンドリフトとは?

油圧とテコを利用して人力であっても少ない力でパレットを搬送する機器の事です。ハンドパレットトラック、パレットジャッキ、ハンドフォーク等とも呼ばれます。特に狭い倉庫等でのパレット移動がスムーズに出来て、フォークリフトと比較した場合、価格も安く、より正確にパレットを配置する事が可能です。
フォークリフト運転技能講習、又は特別教育修了者でなくても重量物の運搬を簡単に行う事が出来ます。
注意しなければいけないのは、運搬するパレットの幅・高さにハンドリフトのフォークが合っていないと使用する事が出来ません。

 

ハンドリフトを購入する際は下記の3点を確認する必要があります。
①フォーク幅(フォークの外側から外側の幅)
②フォーク長さ(先端からフォーク根本までの長さ)
③最低位(一番下に下したときの地面からフォーク上部までの高さ)

 

パレットのサイズが数種類あるようにハンドリフトのサイズも数種類あります。パレットに合ったハンドリフトを購入して安全に使用する事が重要になります。

 

ハンドリフトの使い方

荷物を乗せたパレットの下部にあるスペースにフォークを差し込みます。油圧式なので、上下にハンドルを動かす事によって油圧が上がります。押して移動するとハンドルが左右にとられる為、基本的に引いて動かします。荷物を降ろす時はレバーを握る事によって油圧が下がります。

 

物流倉庫プランナーズでは、フォークリフト、ハンドパレット、リフターの取り扱いございます。お見積もり・ご相談はお気軽に問い合わせくださいませ。

 

物流効率化・コスト削減についての
お問い合わせ・商談はこちらから

お問い合わせステップ

お手数をおかけいたしますが、下記のフォームより必須事項をご入力ください。
確認でき次第、ご対応させていただきます。


必須会社名
必須お名前 姓: 名:
任意郵便番号
必須都道府県
任意市区町村番地
必須電話番号
必須メールアドレス
任意内容

ご入力いただいた情報の管理について


新着ブログ記事 一覧

人気記事 一覧


ブログ記事キーワード検索

トップに戻る