会社概要 0120-004-844 お問い合わせ

ロボット倉庫マッチング

自社でのロボットの導入は難しいが売上を拡大したい。物流倉庫プランナーズが御社とロボット
導入をされた物流会社のマッチングをいたします。

お問合せはこちらから

ロボット倉庫を利用するメリットは何?

1 人手不足を気にする必要がなくなる

倉庫会社の人手不足が起こると、出荷量が制限されてしまう。今後の拡大見通しに対して、キャパオーバーになる可能性がある。 売上を拡大していきたいのであれば、人でなく、ロボットによる省人化を利用している倉庫に任せませんか?

人手不足を気にする必要がなくなる

労働人口減少の課題と現状

日本の労働人口は毎年1%ずつ減っている。
つまり1日あたり2200人も労働人口が減っている計算になります。
残念ではありますが、これは紛れもない事実です。

労働人口減少の課題と現状

ロボット導入により、省人化と生産性の向上

そして産業間で人材争奪戦が繰り広げられています。
この争奪戦に物流会社は勝てるでしょうか。
確実に減っていく人を、人で補う自信がありますか?
人で補えないのであれば、ロボットによる省人化をするべきでしょう。

厚生労働省のデータによると、ドライバー職は2018年で2月の有効求人倍率は3.06倍。地域によっては4.82倍(2018年9月)という月もありました。

労働人口減少の課題と現状

2 出荷数量を増やすことができる

ピッキング効率3倍~5倍による出荷数量・生産性の向上。

出荷数量を増やすことができる
某ファッション系通販会社様のシミュレーション事例

3 教育時間の削減

ロボット化により、ピッキング・棚入れ・棚卸作業が標準化されるため、教育時間の削減に繋がる。

教育時間の削減

4 コストの見える化

ロボ化により、ピッキング・棚入れ・棚卸の生産性が具体的な数字で分かる為コストの見える化が可能になる。

コストの見える化

ロボット導入には多額の投資が必要

ロボットを導入するには、企業としての明確な成長戦略と、多額の投資という事実があり、 導入決定に踏み切るには時間も体力も、失敗も恐れない勇気が必要になるでしょう。

ロボット

ロボットが導入された物流倉庫に業務委託をしませんか?

やはり自社での導入は難しい。けれど、このままでは人は減っていく一方・・・
であれば、ロボットを導入した倉庫への物流業務委託をしませんか?

物流倉庫プランナーズが御社とロボット導入をされた物流会社のマッチングをいたします。

マッチングイメージ

気になる点やご不明な点などございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

お問合せはこちらから 0120-004-844

自動搬送ロボット事例(EVE動画)

詳しく話を聞きたい!
という方は下記フォームよりお問い合わせください

・条件などによってはご紹介ができない場合もございます。
・お取り扱いの商品・荷姿、発送数などによってはロボット導入が適さない場合もございます。
トップに戻る

会社概要 プライバシーポリシー 特定商取引法